社長の退職金の準備を行う

社長の退職金の準備を生命保険で行う


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険を使って、中小企業の社長の退職金を準備する方法を見ていきます。


【社長の退職金の準備を生命保険で行う】

ここでは、社長の退職金の準備を生命保険で行う方法について考えてみます。なぜ、生命保険で社長の退職金を準備するかと言いますと、生命保険には種類にもよりますが、生命保険の保険料が経費扱いになる生命保険があります。このように保険料が経費扱いになる生命保険を利用する事で、節税対策をしながら社長の退職金を貯める事が出来るようになります。

社長の退職金を用意する為の生命保険には、解約した場合に解約返戻金が貰える生命保険にする必要があります。また、出来るだけ、支払った保険料と同じくらいの解約返戻金が受け取れる生命保険にする必要があります。理想を言うと、支払った保険料の90%以上は解約返戻金として戻ってくる生命保険にすべきです。

生命保険を解約した時に戻ってくる金額があまりにも少ない場合には、わざわざ生命保険を利用して社長の退職金を準備するメリットが無くなります。少なくても、生命保険の保険料として利用した金額に税金が差し引かれた後の金額以上が解約返戻金として戻ってくる必要があります。

また、生命保険を解約するタイミングも、社長の退職金を支払う年か、株主総会で社長の退職金の支払い額が確定した年にあわせる必要があります。これは、社長に退職金を支払った時や株主総会で認められた時が会計上、社長の退職金の支出をしたと会計上取り扱いが出来るからです。

このように生命保険の解約返戻金が貰える年と社長に退職金を支払う年を同じにする事によって、解約返戻金が収益として扱われるのに対して、退職金は、支出となり、相殺される為、実質、税金が掛かる事が無いまま、退職金を準備する事が出来るという事になります。

このように生命保険を上手く使う事により、社長の退職金を準備する事が可能になります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月15日 10:44