社長の退職金の準備を行う

退職金の優遇制度


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、退職金を貰う時の退職金に対して税金についての優遇制度を見て行きます。


【退職金の優遇制度】

退職金には、優遇制度があります。それは、役員の退職金を貯める企業として優遇が受けれる部分と、退職金を受け取った時に優遇が受けれる点です。


【役員退職金の優遇制度】

会社の役員への報酬は、基本的には会社の税引き後の利益から支払う事になります。しかし、退職金については、一部を損金扱いにする事が可能です。その金額は、下記の計算式で算出する事が可能です。

【役員退職金の損金算入限度額の計算方法】

     最終月額役員報酬額
   × 役職在位年数
   × 功労倍率(*1)
   + 功労加算(*2)
 ―――――――――――――――――――
   = 役員退職金の損金算入限度額

と言う計算式で役員の退職金が損金算入する事が可能な限度額を計算する事ができます。
もし、ここで計算された金額よりも多くの退職金を社長や役員が貰っている場合には税務署は、同業他社の現状を確認、比較して、損金に算入できる額を設定を行ないます。その後、税金を支払う必要が出て来ます。

*1:功労倍率
   社長の場合は、3倍までが相場のようです。
   会社の規定に記しておく事をお勧めします。

*2:功労加算
   「最終月額役員報酬額 × 役職在位年数 × 功労倍率」の30%を限度に加算
    が可能

このように、役員の退職金であってもある程度は、損金扱いに出来る為、出来るだけ多くの退職金を損金算入にしたい場合には、役員が退職する数年前から月額の報酬額を少しずつ上げていくように計画をもって準備する必要があります。

また、大切になるのが、役員の退職金を損金計上するタイミングです。
役員の退職金を損金扱いに出来るのは、
 ・役員退職金が支払われる時
 ・株主総会の決議で退職金額が確定した時
になります。株主総会の議決で決まった場合には、実際に退職金を支払わなくても未払い金で損金として計上する事が可能になります。


また、退職金を受け取る時にも優遇があります。
それは、
 ・分離課税(他の所得とは、別に課税される)
 ・基礎控除がある(長く勤めた人程、非課税額が多くなる)
 ・退職所得は、所得を半分にして計算する
という点になります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月15日 10:44