社長の退職金の準備を行う

生命保険を会社からの退職金にする方法


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険を会社からの退職金にする方法について見ていきます。


【生命保険を会社から買い取る方法】

社長に掛けている生命保険ですが、もし、社長が完全に仕事を引退する場合には、2回目の退職金として生命保険を利用しないで、生命保険自体を退職時に法人から個人に移す事ができます。

その方法とは、退職金を生命保険で受け取る方法になります。また、退職金を使って、生命保険を買い取る事も可能です。

会社としては、今までに支払った保険料を会社の資産や経費として計上している為、会社のものである生命保険を個人に移す場合には、それなりの価値がるとみなされます。その為、生命保険を退職金の一部にする場合には、生命保険の解約返戻金で生命保険の価値を評価する事になります。

会社としては、例えば、終身保険の場合には、資産として計上していた生命保険の解約返戻金の額を固定資産を取り崩して退職金として経費として処理する事になります。
この場合に今まで支払った保険料の総額と解約時に受け取る事が出来る解約返戻金の金額によって、扱いが変わってきます。
それは、
 総支払い保険料 > 解約返戻金 : 保険の解約損失になる
 総支払い保険料 < 解約返戻金 : 収益になる 
のようになります。

生命保険を会社から受け取る方としては、一般の退職金を受け取った時と同じ処理になります。生命保険の評価額は生命保険を個人名義に変える時の解約返戻金の額で評価されます。生命保険を退職金として受け取る場合には、「総支払い保険料 > 解約返戻金」のような生命保険の場合には、将来高い価値がある保険資産を受け取れるので、社長にとっては、減税効果がある方法になります。保険金と解約返戻金の金額にギャップがあれば、あるほど、個人である社長には利益があります。


会社から生命保険を買い取る場合には、買い取る時点の生命保険の解約返戻金の額で買い取る事になります。




スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月15日 10:47