相続税を出来るだけ安く抑える方法

相続税を出来るだけ安く抑える方法


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、相続税を出来るだけ安くする方法について見ていきます。


【相続税を出来るだけ安く抑える方法】

相続税を出来るだけ安く抑える方法には、いくつかのポイントがあります。

そのポイントは、
 ・非課税枠を出来るだけ利用する
 ・毎年使う事が可能な非課税枠は毎年使う
 ・税率が低い方法を優先して使う
 ・課税対象者や課税年度を出来るだけ分ける
 ・出来るだけ違う種類の税で処理を行なう
点になります。


【非課税枠を出来るだけ利用する】

非課税枠を出来るだけ利用するとは、生命保険で相続をした場合には、
 500万円 × 法定相続人の人数
が非課税になります。

また、贈与税の場合には、毎年、110万円までは、贈与しても非課税です。

このように、お金を自分から他の人へ移す場合やお金を貰う場合には、税金がかかります。
税金の種類としては、相続税、贈与税、一時所得、雑所得などがあげられます。この税金のそれぞれの非課税枠を出来るだけ利用するようにしましょう。


【毎年使う事が可能な非課税枠は毎年使う】

毎年使う事が可能な非課税枠は毎年使うとは、特に贈与税です。贈与税の場合には、毎年110万円までは、非課税ですので、相続を行なう前の生前に出来るだけ多くの金額を数年間に渡り、お金を渡す事で相続時の税金を安く抑える事が可能になります。


【税率が低い方法を優先して使う】

税率が低い方法を優先して使うとは、相続税、贈与税などの税金には、それぞれ違った税率が適用されています。この税率の低いものを選び、低い税率が適用できる方法でお金を渡していく事が大切になります。


【課税対象者や課税年度を出来るだけ分ける】

課税対象者や課税年度を出来るだけ分けるとは、課税される人を出来るだけ分散する事で、1人1人の非課税枠が利用出来るため、総額で税金を支払う額が少なくて済むようになります。

また、課税年度を分ける場合には、相続税、贈与税は、基本的に渡すお金の金額により税率が決まってきます。この為、相続は、1回しか出来ませんが、贈与税の場合には、毎年200万円以下の場合には税率は10%です。もし、一回で1500万円を渡すと、1000万円を超える場合の税率は50%ですので、控除額を差し引いても637.5万円が税金として支払う事になります。

この為、1500万円の金額を渡したい場合でも、1回で多くの金額を渡すのではなく、数年に分けて渡した方が税金面で得をする事ができます。


【出来るだけ違う種類の税で処理を行なう】

出来るだけ違う種類の税で処理を行なうとは、相続税、贈与税、一時所得、雑所得などの出来るだけ違う税金を利用する事により、それぞれの控除額を利用する事ができるので、自然と税額が低く抑えられるという事になります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月15日 10:54