生命保険の財務戦略

ここでは、中小企業の財務戦略に、どのように生命保険を利用する事が可能であるかを見ていきます。上手く利用する事により、経費や資産として、会社の内部に税金が引かれる前に資金を社内に残す事が可能になります。

ただし、財務戦略として利用する場合には、どれに加入するかも知っておく必要があります。また、加入時にも注意は必要ですが、解約して現金を受け取る時も注意が必要になります。ここでは、このような内容について説明していますので、参考にして頂ければと思います。

財務戦略として、生命保険を考えてみる

ここでは、生命保険の活用を財務戦略の一環として考えてみています。

保険料の経理上扱い(経費か?資産か?)

生命保険の保険料は、法人で加入する場合には、経費扱いに出来るものと資産扱いになるものがあります。ここでは、どのような生命保険が経費になるのか?資産になるのか?を見ていきますので、実際に加入や見直し、比較を行なう場合に経費になるか、資産になるかを参考にして頂ければと思います。

財務戦略の注意点

ここでは、財務戦略として利用する場合の注意点について説明しています。