生命保険の財務戦略

財務戦略として、生命保険を考えてみる


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険の活用を財務戦略の一環として考えてみています。


【財務戦略として、生命保険を考えてみる】

財務戦略として、生命保険を考えてみる事ができます。それは、生命保険も銀行預金と同じような性質を持っている点があるからです。それは、銀行の場合には、お金を預貯金として銀行に預けます。これに対して、生命保険は、銀行預金と同じように、いったんお金を保険料と言う形で生命保険会社に預ける為です。

生命保険を解約して解約返戻金としてお金を引き出すには、多少の手続きが必要になります。これは、銀行の定期預金の場合と似たような部分があると思います。ただし、生命保険を解約した場合には貯蓄型の生命保険である必要がありますが。

また、生命保険を社長に掛けておいた場合には、社長が亡くなった時に保険金としてかえって来ます。この場合には、加入している生命保険によりますが、支払った保険料の数倍から数百倍の金額にかえってくる事になります。

この為、考え方によっては、預貯金よりも生命保険にお金を預けた方が特をする場合があるかもしてません。

また、生命保険の種類によって違いはありますが、生命保険の保険料を経費扱いに出来る場合や資産として扱う場合があります。このような場合には、生命保険の保険料は、預貯金と比べると、貸借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)の何処に計上されるかが違うだけになると考える事もできます。つまり、バランスシートのどこに保険料として置いておくかと言う事になるとも考えられます。

つまり、生命保険に加入して、保険料としてお金を預ける事により、お金を経費や資産として貯めておく事で、いざと言う時に保険金や解約返戻金としてお金を引き出す事が出来るという事になります。

しかも、保険料が経費として扱える場合には、節税対策にもなる方法でもあります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年10月30日 23:01