生命保険の財務戦略

保険料の経理上扱い(経費か?資産か?)


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

生命保険の保険料は、法人で加入する場合には、経費扱いに出来るものと資産扱いになるものがあります。ここでは、どのような生命保険が経費になるのか?資産になるのか?を見ていきますので、実際に加入や見直し、比較を行なう場合に経費になるか、資産になるかを参考にして頂ければと思います。


【保険料の経理上扱い(経費か?資産か?)】

生命保険を法人契約した場合には、支払った保険料を経費扱いに出来る保険と資産扱いに出来る保険があります。ここでは、どのような保険の保険料が経費・資産扱いになるのかを見ていきます。


【保険料を経費計上する事が出来る生命保険】

支払った生命保険の保険料を損金算入して経費として扱える生命保険は、
  ・短い一定期間の掛け捨て型の定期保険
のような生命保険になります。

*注意
「経費になる生命保険<>掛け捨て型の保険」という訳ではありません。


【保険料を資産計上する事が出来る生命保険】

支払った生命保険の保険料を資産として扱える生命保険は、
  ・終身タイプの保険
  ・死亡時と満期時の保険金が同じ保険
  ・養老保険のように半分貯蓄を兼ねた保険
のような生命保険になります。


法人の生命保険では、この2つを上手く組み合わせる事で、会社の利益をいざと言うときの為の資金としてプールしておく事が可能になります。


全額経費扱い出来る生命保険でも。解約すると9割以上、または、年齢により100%のお金が戻ってくる逓増定期保険のような死亡保険もあります。
   ↓
このような生命保険を利用して、保険料が全額損金扱いとなり、役員の退職金として利用する方法や資金繰りが苦しくなった時に使う事ができます。また、役員退職引当金のように生命保険が扱えるとも考えられます。


保険料で退職金の準備金を用意する方法(損金処理する方法)

@定期保険で社長の死亡保険に加入
A何も無く、無事社長が退職する
B定期保険を解約
C解約返戻金が営業外収益となる
D解約返戻金と同額を役員退職金とする
E生命保険の保険料が実際には、退職給与引当金という事になる


生命保険で役員退職金を準備しておくと、退職時に大きな額の経費を発生させる事を防げます、この為、役員の退職金会社の確保や会社のキャッシュフローにやさしい方法と言えるのではないでしょうか。




スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年11月05日 21:32