生命保険の利用方法

生命保険の良い商品とは


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険の良い商品、悪い商品について見て行きます。


【生命保険の良い商品とは】

生命保険の良い商品とはどのような生命保険なのでしょう?生命保険には良い商品というものがあるのでしょうか?

よく、「○○保険が良い保険ですよ!」と聞く事はないでしょうか。

実は、生命保険の商品に良い商品、悪い商品と言う事は無いのです。自分がどのような目的で生命保険に加入するかの目的に生命保険が一致しているかどうかです。つまり、あなたがしっかりと生命保険が必要になる目的を持っていて、その目的に合っている生命保険に加入しているのであれば、それは、良い生命保険に加入しているという事になります。

例えば、定期付き終身保険を見てみます。
定期付き終身保険が良い商品と思われる場合には、子供の生活費、教育費があと10年間必要である場合には、定期付き終身保険のように10年間定期部分でしっかりとした保障を確保して、一生涯の保障も確保する事が可能になります。

もし、一家の大黒柱が亡くなった場合でも遺族が安心して生活していけるように出来る良い保障になり、子供が独立した後には、この高額な定額部分の保障が無くなり、必要最低限の保障が一生涯あるので良い保険になるのではないでしょうか。

これに対して、会社経営者が相続対策の為に定期付き終身保険に加入した場合には、良い生命保険とは言えなくなります。これは、相続対策と言う点が問題になります。相続対策である為、自分が死亡した時に相続のお金がそれなりに必要になる為に加入したと考えられます。

この場合に定期付き終身保険の場合には、当初の10年間や15年間は、定期部分の保障がある為、死亡しても希望通りの保障額が得れると思います。しかし、生命保険に契約してから10年、15年とか65歳になるまで、など、ある一定の年数が過ぎると、定期部分の保障が無くなり、死亡した時の保障額がいきなり少なくなるのが定期付き終身保険では一般的です。

この場合には、死亡した時の相続時のために加入した生命保険ですが、しっかりとした保障を得れない可能性が高い為、悪い生命保険になってしまいます。

これらのパターンを読んで分かったと思いますが、生命保険の商品自体には、良いも悪いもありません。あなたがどのような目的で生命保険に加入するかと言う考えに一致した生命保険に加入しているか、加入していないかという事が問題になるだけです。




スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年11月19日 20:45