生命保険の利用方法

リスクマネジメントと生命保険


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、リスクマネジメントと生命保険について見ていきます。


【リスクマネジメントと生命保険】

ここでは、リスクマネジメントに備えるために、どのように生命保険を使う事が出来るかを考えてみます。リスクマネジメントには、リスクコントロールとリスクファイナンスという考え方があります。

リスクコントロールとは、あらかじめ、起こりうるリスクを想定して回避したり、発生時にどう対応するかの手段や方法を考えておくと言う事になります。つまり、リスクコントロールと言う名前の通り、リスクをコントロールする為、出来るだけリスクが起こらないように、起こった場合には、出来るだけ被害が出ないようにする為にはどのようにすれば良いのかを考える事になります。

つまり、リスクコントロールとは、
  ・起こりうるリスクを想定する
  ・日々の点検等を通じて、リスクが起こる事を防止する
  ・リスクが発生した時に実際にどのように対応するかを準備しておく
という事になります。

具体的には、工場で火事になる可能性がある場合には、火事になりそうなところを想定して、日々の点検を行い防止に努めるが、点検と同時に消化器の設置や火災報知器や消化設備の設置により、実際に火災が起こった時に備えるという事になります。


リスクファイナンスとは、リスクが発生してしまった場合に備えて、復旧するための費用の準備になります。このリスクファイナンスの部分に保険を利用する事が可能になります。

リスクファイナンスでは、リスクが発生した場合にどれくらいの損失が発生するかをまえもって、予測し、金額の算定を行ないます。そして、そのリスクが発生した場合にどのようにして現状復帰するかまでを考えます。基本的には、どのようにお金を工面するかの問題になると思います。

具体的には、工場で火事があった場合に、工場が焼けてしまった場合に復旧するのに1億円必要と見積もり、この1億円をどのように準備するかと言う事になります。

復旧の資金の準備の方法には、2つの方法があります。
その方法とは、
  ・保険で準備する
  ・自社内の資金で準備する
の2つになります。

保険で準備する場合には、そのリスクが発生した場合には、保険会社からお金が支払われ、対応できるようにします。自社内で資金を準備する場合は、保険を使わないで、自社の預貯金などの貯蓄を使って、復旧する方法です。

これは、もし何かリスクがあった場合に経済的に立ち直る事が出来るかの金額的な問題。また、そのリスクが起こりうる確率により保険を利用するか、自社内で準備を行なうかが違ってきます。

つまり、想定されるリスクが起こった場合には、壊滅的な損害をこうむるが、実際にそのリスクが起こる確立がほとんどゼロに等しい場合には、保険で備える必要も無いかもしれません。また、リスクが起こってもたいした損害にならない場合には、わざわざ保険で備える必要も無いかもしれません。

このように、全てのリスクについて保険を掛けておくと安心できますが、実際には、保険料を支払っても割りに合うかどうかを考えて、保険を掛けるメリットと保障の内容とをしっかりと検討を行い、保険で適応すべき所があるかどうかを判断する必要があります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年11月25日 13:46