生命保険の利用方法

生命保険の保険料の決め方


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険の保険料の決め方について見ていきます。


【生命保険の保険料の決め方】

生命保険に加入する時や見直しを行なう時に気になるのが保険料ではないでしょうか。同じような生命保険の保障内容、保障額でも生命保険会社によって支払う事になる保険料には違いがあります。この生命保険会社により違いがでる保険料は、なぜ、生命保険会社ごとに違いがでるのでしょうか。ここでは、この保険料がどのように決まっているのかを見ていきたいと思います。

生命保険を契約する時には、出来るだけ多くの生命保険会社の保険商品を見比べる必要があります。この生命保険料の違いがなぜ発生するのかを知る事で、なぜ、生命保険に加入する前に、出来るだけ多くの生命保険会社の保険商品を見比べる必要があるかも理解する事が出来ると思います。


生命保険の保険料を決める保険料には、下記のようなものが基準となります。

 ・集団の規模
 ・平均余命
 ・保険料の運用期間
 ・予定利率・運用利回り
 ・保険会社の管理費用


集団の規模とは、その生命保険にどれくらいの人数が加入しているかという事になります。生命保険会社としては、出来るだけ多くの人が生命保険に加入している事で、保険金を支払うリスクが少なくなります。

例えば、生命保険に加入している人が10人の場合と100万人の場合を比べると分かりやすいと思います。生命保険は、相互扶助によって運用が成り立っています。10人しか加入していない生命保険の場合には、1人が死亡して保険金を支払う事になると、たちまち生命保険会社は赤字になります。

これに比べて、100万人の加入者が居る生命保険の場合には、1人が死亡しても加入者が10人の生命保険に比べると生命保険会社にかかる負担が少なくなります。

具体的に見てみると1人が毎月支払っている保険料が1万円の場合を考えてみます。
 加入者10人の場合 : 10万円を毎月生命保険会社が受け取る
 加入者が100万人の場合 : 100億円を毎月生命保険会社が受け取る
これを比べると分かると思いますが、もし、1人が亡くなった場合にかかる生命保険会社への負担がどちらが少なくて済むかが分かると思います。


平均余命とは、生命保険に加入している人があと何年生きるかという事を表します。平均余命が長い程、生命保険の保険料が低くなります。これは、生命保険に加入する人があと何年生きているかという事になりますので、生命保険に加入してから長く生きる人の方が保険料が安くなります。

これは、生命保険会社としては、若い人の方が死亡するまでの年齢が長いので、死亡保険金を支払うリスクが減る為です。生命保険の保険料は、若い人の方が安いという事からも理解できると思います。


保険料の運用期間とは、生命保険に加入して、解約するまでの日数が長い程、保険料が安くなるという事になります。これは、10年の保障の生命保険よりも、終身保険の方が、生命保険会社としてもらった保険料を長期に渡り、運用が出来る事になるからです。


予定利率・運用利回りとは、生命保険の加入者から受け取った保険料を生命保険会社がどれくらいの利率で運用できるかという事になります。運用に優れた生命保険会社であれば、保険料を安くして、集めるお金を少なくしたとしても、生命保険会社が良い運用が出来れば、生命保険会社に残る資金が十分に貯める事ができます。

この為、予定利率が良い生命保険の方が保険料が安くなります。


保険会社の管理費用とは、生命保険会社を維持する為の費用や宣伝費用になります。生命保険会社を維持する為には、本社や支店などの維持費用、社員の給料などが必要になります。

この生命保険会社を運用していく為の費用を安く抑えられている生命保険会社ほど、保険料が安くなります。


このように
 ・集団の規模
 ・平均余命
 ・保険料の運用期間
 ・予定利率・運用利回り
 ・保険会社の管理費用
によって、生命保険の保険料が決まっています。

特に保険会社の管理費用は、生命保険会社によっても違いが出る部分です。インターネットで加入する生命保険は、他の加入方法に比べて安くなっていると思います。これは、生命保険の営業担当者が生命保険に加入する人を見つけるのに比べて費用が少なくて済んでいる為です。

この為、どれくらい宣伝費用や営業担当者の維持費を掛けるかによって、保険会社の管理費用は違ってきます。この保険会社の管理費用は、生命保険会社があまり公開したくない情報になりますので、なかなかお目にかかれる事は無いと思います。

この為、生命保険に加入する時には、出来るだけ、多くの生命保険会社に資料請求をして、出来るだけ生命保険会社の見積もりを取り、比べる事が大切になります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年12月08日 12:47