生命保険の利用方法

会社の生命保険もライフステージで考える


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、会社が生命保険に加入する時に会社のライフステージを元にどのような生命保険に加入すると良いのかを見ていきます。


【会社の生命保険もライフステージで考える】

個人が生命保険に加入する場合には、その生命保険に加入しようと考えている人が
 ・独身であるか
 ・結婚をしているか
 ・子供を育てているか
 ・子供が独り立ちしているか
 ・老後を送っているか
のように、どのような状況に有るかによって、そのような生命保険に加入するべきかは変わってきます。

この
 ・独身であるか
 ・結婚をしているか
 ・子供を育てているか
 ・子供が独り立ちしているか
 ・老後を送っているか
というのが、それぞれの人のライフステージという事になります。


このライフステージという考え方は、一個人だけでなく、会社にも当てはめる事が可能になります。

それは、
   ・創業期
   ・発展期
   ・安定期
   ・衰退期
   ・整理期
というふうに考える事が出来ます。

例えば、創業期の場合には、創業して間が無いので、借金があるかもしれませんし、売上も十分に上がっていなく、十分な売上や利益が得れていない可能性が高いです。このような場合には、高額の保険料を支払う事は辛くなります。

つまり、もし、生命保険に加入する場合でも、理想的には、貯蓄型の生命保険に加入して数年後にまとまったお金が返って来る事が望ましいです。しかし、創業期で、資金に余裕が無い場合には、保険料が高い貯蓄型をあきらめて、掛け捨て型の生命保険の方が保険料が安く済むので、会社の出費を抑えられるのでお勧めかもしれません。

掛け捨て型の生命保険にする事で、保険料を安くしても十分な保障がある方が良いのではないでしょうか。

これに比べて、発展期や安定期になり、十分な売上や利益が確保できるようになれば、保険料が高くなっても保険料をしはらう余裕が出てくると思います。このように保険料を支払う余裕が出てきてから、貯蓄型の生命保険に加入し、数年後にお金が返ってくるようにすると良いのではないでしょうか。


このように、会社のライフステージによって、どのような生命保険に加入するかを色々と会社の現状に合わせて生命保険に加入する事をお勧めします。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2006年12月25日 05:48