生命保険の利用方法

社長が死亡した場合に必要になる費用


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、もし、社長が死亡した場合に必要になる費用について見ていきます。


【社長が死亡した場合に必要になる費用】

もし、社長が死亡した場合に必要になる費用とは、どのような費用が必要になるのでしょう。社長にもしもの事があった場合には、その会社がどのような問題が起こるかを考えると、どのような費用が必要になるのかが分かると思います。

もし、あなたの会社で社長が急に亡くなった場合に、どのような問題があるでしょうか。この問題点に備えておく事が必要になります。この問題点をはっきりとする事で、お金に関する問題点の場合には、社長に生命保険を掛けておく事でこのお金に関する問題点を解決する事ができます。

ここで、一般的に考えられる社長が亡くなった時に起こる問題点についてあげておきます。会社によって、社長が亡くなった場合の問題点は違うと思いますが、ここで記している問題点も参考にして頂ければいいと思います。


【社長が死亡した場合の問題点】

ここで上げている問題点は、中小企業を想定しています。特にオーナー企業の会社に当てはまると思います。

社長が死亡した場合には、

 ・社長の死亡退職金の確保
 ・会社の借入金の返済の問題
 ・会社の買掛金の返済の問題
 ・社長が交代する事による売上や利益の減少に備える為の資金
 ・社長が保有している自社株式を購入する為の資金
  など

のような問題が出てくると思います。

オーナー企業の場合には、後継者に事業を承継する点も含めて、相続についても問題になると思います。この相続に関する資金も用意しておく必要がると思います。

もし、生命保険でこれらの問題点に準備をする場合には、これらの問題点で上げた費用を社長に掛けた生命保険で支払う事が可能であるのかを確認しておく必要があります。もし、生命保険に既に加入している場合には、社長の生命保険の死亡保険金が足りるのかを確認する事を確認しておく必要があります。

さらに、生命保険でこれらの問題に用意する場合、生命保険の保険金の金額は税引き後の金額を計算して準備しておく必要があります。

これは、
 ・社長の死亡退職金の確保
 ・会社の借入金の返済の問題
 ・会社の買掛金の返済の問題
 ・社長が交代する事による売上や利益の減少に備える為の資金
 ・社長が保有している自社株式を購入する為の資金
  など
のように、問題点を元に必要になる資金を算出して生命保険に加入したとしても、生命保険の保険金の金額が実際に使える金額でないと、税金を支払った事により、使えるお金の金額が減ってしまうので、注意が必要です。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2007年01月04日 16:49