生命保険の利用方法

中小企業の社長の生命保険の保険金額の設定


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、中小企業の社長が生命保険に加入する時に必要となる保険金の金額をどのように設定すべきかを見ていきます。


【中小企業の社長の生命保険の保険金額の設定】

ここでは、中小企業の社長が生命保険に加入する場合で、会社の事を考えて生命保険に加入する場合を想定しています。

まず、中小企業の社長が亡くなった時に必要になるのが、

 ・社長の死亡退職金の確保
 ・会社の借入金の返済の問題
 ・会社の買掛金の返済の問題
 ・社長が交代する事による売上や利益の減少に備える為の資金
 ・社長が保有している自社株式を購入する為の資金

になります。


このうち社長の退職金は、すぐに必要になりますので、保険金額に設定します。

会社の借入金と買掛金ですが、これは、すぐに返済や支払いが必要になるものがどれくらいの金額になるのかを計算します。現状の借入金や買掛金の金額の総額を計算し、その総額の何割ぐらいを準備する必要がるかを計算します。

社長が交代する事により、売上や利益が減少した場合に備えですが、これは、社長が居るおかげでどれくらいの仕事が会社に入ってきているかを考えると良いでしょう。ワンマン社長などの場合には、かなりの割合が社長の営業力で仕事を取ってきている事になるのではないでしょうか。また、社長が交代しても影響がある取引先と影響が無い取引先もあるでしょうから考慮に入れて考える必要がります。

最後の社長の保有する自社の株式についてですが、これは、株式公開をしていなくても、額面ではなく時価により計算する必要があります。それは、相続の時に計算される方法が基本的に時価になるからです。この時価が分からない場合には、似たような業種の会社の株価を参考にすると良いでしょう。


次に行なうのが、税金を考慮した保険金額です。
つまり、

 保険金額 = 社長が亡くなって必要になる金額 + 税金額

という事になります。
このように計算する事で、どれくらいの金額が保険金で準備しておく必要があるかとりあえずの金額が分かると思います。


次に行なうのが、実際に必要である保険金額の生命保険に加入した場合の保険料を調べます。これは、数社の生命保険会社に見積もりを依頼しましょう。

次に、ここで分かった保険料を支払える金額であるかどうかが問題になります。もし、保険料に支払いが全然、会社の負担にならない場合には特に問題は無いと思います。しかし、保険料があまりにも高額な場合には、会社の負担となり、保険料の支払いが厳しいかもしれません。

この場合には、どの部分の為のお金を生命保険で準備しないかを決めて、保険金額を下げる必要が出て来ます。
再度、

 ・社長の死亡退職金の確保
 ・会社の借入金の返済の問題
 ・会社の買掛金の返済の問題
 ・社長が交代する事による売上や利益の減少に備える為の資金
 ・社長が保有している自社株式を購入する為の資金

などの内容を見直して、生命保険の保険金額を再設定しましょう。




スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2007年01月08日 22:50