生命保険の利用方法

生命保険の選び方


あなたの要望にあった生命保険の無料相談が可能!


スポンサーリンク

ここでは、生命保険の選び方について見ていきます。


【生命保険の選び方】

生命保険には、死んだ時の保障として保険金がもらえるのは当たり前ですが、死ななくても解約した時に解約返戻金や満期になった時に満期保険金がもらえる生命保険があります。

死亡した場合のみに支払われる生命保険に加入している場合には、社長が定年退職をした時の退職金の資金に出来なくなるので注意が必要です。

解約した時に解約返戻金という形でお金が戻ってくる生命保険の場合には、社長が退職する時に生命保険を解約して退職金としてお金を利用できるだけでなく、もし、売上が上がらずに借入金の返済に困ったり、取引先の業者に支払いが難しくなりそうだなと思った時に生命保険を解約して解約返戻金を貰う事で、会社の資金にする事が可能になります。

ただし、このように解約返戻金が貰える生命保険にもデメリットがあります。それは、保険料が高くなると言うことです。これは、解約した時にお金が戻ってくると言う事で、毎月支払っている保険料の一部を解約した時のお金として貯蓄している為です。

もし、創業当初などで、資金繰りが苦しい会社の場合にはこのように保険料が高くなる保険には加入しない方が良いでしょう。

では、社長が死んだ時と生命保険を解約した時にお金が貰える生命保険には、どのような生命保険があるのでしょうか。
それは、
・終身保険
・養老保険
などになります。

・終身保険
 一生涯、保障がある生命保険の事です。
・養老保険
 死んだ時と満期になった時に保険金がもらえる生死混合保険と言われる生命保険
 死亡時の保険金と満期時の満期保険金の金額が同額の貯蓄型の生命保険


また、社長が死亡した時のみ保険金が貰える生命保険には、
・定期保険
などがあります。

・定期保険
 10年、15年とか60歳、65歳までというように決まった期間保障がある生命保険
 定期的に更新が可能なタイプがあるが、この更新タイプの場合には更新のたびに保険料
 が上がる。 ただし、契約期間が長期になる定期保険の場合には、解約時に解約返戻金
 がある定期保険もあります。


このように、生命保険に加入する場合には、解約返戻金がある生命保険か解約返戻金が無い生命保険かを確かめて、目的にあっている生命保険を選ぶ必要があります。



スポンサーリンク



会社の為。経営者の為の「生命保険」が知りたい人にオススメ!



もっと、効率的に節税をして、もしもの時の為の備えをしておきたい。

保障を準備しつつ、節税をしながら、資金繰りにも備えたい。

そんな思いに最適なアイテムが法人用、会社用の生命保険ではないかと思います。


⇒ ⇒ ⇒ 法人保険市場

経営者保険の法人保険市場


保険相談ランキング                                   
保険相談ランキング1位  保険マンモス   訪問型       当サイト一押し!!!
保険マンモスのバナー 保険マンモスの保険の無料相談の特徴は保険のプロのファイナンシャルプランナーの質が高くお客様満足度96%以上である点です。この満足度の高さで口コミで広がっているのが特徴です。

⇒ ⇒ ⇒ 保険マンモス(公式サイト)



スポンサーリンク


2007年01月15日 02:50